不要品はリサイクル

オーディオ機器

家電製品や日用品などが不要となった場合、最近ではリサイクルショップに持ち込み、買い取ってもらうケースが増えている。その背景として、以前では不用品は自治体の粗大ごみ収集時などで無料で廃棄することができたが、最近では有料回収となっていたり、廃棄に手間がかかるということが理由としてある。 これらの場合に、リサイクルショップで売却を行う場合には、その買取価格を決める条件としていくつかのことがある。 特に家電製品においては、まずは型式の新しさがある。型式が新しいものほど高く、古いものほど買取額は安くなる。また、製品の状態も買取価格に大きく影響する。 さらに、その家電製品などの人気の高さも買取価格への影響が大きくなっている。

リサイクルショップでは、これまでは店舗に商品を持込み査定してもらい、買取ってもらうということが一般的な利用の流れであった。しかし、最近ではそれらに加え、自宅まで買取に出張してもらえるサービスや、インターネットで査定を出してもらえるサービスが行われることが主流となってきている。 特に、リサイクルショップでのインターネット活用は近年進んでおり、売却したいものをネット上で査定してもらい提示金額に納得が行ったら、郵送で業者に送ることで買取ってもらえるサービスが増えている。 また、これまでと異なり、店舗を持たずにインターネット上での買取のみを行うリサイクルショップなども様々出てきている。 このように、リサイクルショップでは、より売却しやすいようなサービスへと変遷してきている。